できるだけ虫歯にならないために

虫歯も、虫歯治療も進行すればするほど痛いですから、早期治療も良いですが、一番良いのは虫歯にならないことですよね。
現在のあなたは、1日に何度、どのような時に歯磨きをしていますか。
また、1回の歯磨き時間は何分程度でしょうか。
歯磨きのほかには、どのような虫歯対策をしていますか。
良いと言われる歯磨きの回数やタイミング、そして、一回の歯磨き時間につきましては、さまざまな説があります。
そのさまざまな説の中で、どれが正しくてどれが間違っているとは言いにくいのも事実です。
と、申しますのも、口内環境も人それぞれに個人差があるからですね。
さらに、普段、使用している歯磨きやハブラシによっても異なってきます。
ですので、最低限、このくらいは行うべきということをご紹介してみたいと思います。
現在、それ以下のかたは、増やすように努力してみてください。
まず、歯磨きを1日に何度するかということですが、理想は朝昼晩の3回以上ではありますが、最低でも朝晩の2回は磨くようにしてください。
最近は、食後すぐに磨いてはいけないという説もありますので、それが気になるかたは少々、時間を置いてから磨くと良いでしょう。
あまり気になさらないかたは、食後すぐに磨いても良いと思います。
食後すぐに磨いてはいけないのはどうしてかと申しますと、食事が口の中にはいることで、虫歯菌が酸を出しますから、酸によって歯が溶けている最中に歯磨きをするのはよくないということからです。
一方、すみやかにお口の中の糖分を歯磨きによって取り除くほうが虫歯になりにくいという説もあるのです。
これは、あなたが思う方を実行するしかないようです。
多くのかたは、朝と昼は食後に磨いて、夜は就寝前に磨いているようです。
朝は、虫歯菌が睡眠中に繁殖して増えていますから、起きてすぐのほうが望ましいでしょう。
食後が気になるかたは、食後にも軽く磨く感じで良いと思います。
いろいろ試してみて、あなた自身が虫歯になりにくい方法を見つけられると良いですね。

 

 

痛い虫歯も虫歯治療も大嫌いだと言いながら、歯磨きが雑なかたは多いですよね。
また、自分ではしっかりと磨いているつもりであっても、実際には、きちんと歯垢が落とせていないかたというのも非常に多いです。
最近は、歯医者さんで歯磨きの仕方をおしえてくれるところが増えました。
あなたも、歯医者さんで教わったことがありますか。
自己流で磨いてもらったあとで、歯に歯垢染色剤をぬりますと、歯垢が残っている部分が赤く染まります。
きちんと磨いたつもりでいても、歯垢が取りきれてなかったからです。
それで、赤く染まった部分を念入りに磨くための指導や、全体的に歯の磨き方を指導してくれます。
通常は、子供のうちにおしえてもらえますが、正しい磨き方がわからない大人のかたは、歯科医に相談してみると良いですよ。
さて、1回の歯磨きの時間ですが、あなたはどのくらいですか。
一番多いのが1~3分だそうです。
次に多いのが3~5分とのことです。
虫歯治療が嫌なのでしたら、最低でも5分は磨いていただきたいですね。
理想的なのは、10~15分程度です。
ただし、これは手で歯ブラシを持って磨く場合です。
電動歯ブラシの場合は、長時間の磨きすぎは、かえって表面のエナメル質を傷めますので注意が必要です。
手で磨く場合も、毎回、力を入れすぎますとエナメル質を傷めてしまいます。
また、歯磨き時間にこだわり過ぎてもいけませんね。
雑な磨き方で15分磨いても、歯垢を取り除くことが出来ません。
逆に、5分であっても、しっかりとした磨きかたであれば、歯垢はだいぶ取れているでしょう。
現在、あなたはハブラシで歯を磨くだけですか。
それとも、歯間ブラシやデンタルフロスを使用していますか。
もしくは、マウスウォッシュや舌ブラシなどをお使いでしょうか。
一昔前は、一般的な歯ブラシで、普通に歯磨きをするだけで終わっていましたが、市場に歯間ブラシやデンタルフロス、マウスウォッシュ、舌ブラシなどが登場するようになってから、それらも併用するかたが増えました。
実際に、痛い虫歯治療を避けたいのであれば、最低でもデンタルフロスは使いましょう。
歯と歯の間の汚れは、ハブラシで取りきれません。
その部分から虫歯が進行するかたは多いので、すぐにでも買いに出かけましょう。

入れ歯種類料金

入れ歯 金額