虫歯が出来やすいかた

虫歯は虫歯菌がお口の中にいなければならないものですが、ほとんどのかたは虫歯菌を持っています。
そのため、歯磨きをきちんとしたつもりでいても、虫歯になってしまうのですね。
一生懸命にケアしている割には虫歯になりやすいと思うかたは、ミュータンス菌などの数が多いという原因のほかにも、もともとの歯の質が弱いということも考えられます。
歯の質が弱いということは、ミュータンス菌が出す酸によって、歯が通常よりも溶けやすいということになります。
歯というのは、人間の身体の中でも最も固い部分なのですが、酸によって少しずつではありますが溶けてしまうのです。
歯の質が弱ければ、強いかたよりも多く溶けてしまいますので、それを防ぐには、歯医者さんでフッ素を塗ってもらう方法や、フッ素入りの歯磨きなどを使う方法があげられます。
近年になり、一部でフッ素は身体に悪いなどという説もありますので、そのあたりは自己責任で行ってください。
また、唾液の量も人によって多いかたや少ないかたがいらっしゃいますが、少ないかたは虫歯になりやすいです。
唾液と虫歯は関係性があり、唾液が多いほど、虫歯菌が出した酸を中和してくれるという性質を持っています。
唾液の量は、なんらかの病気が原因で少ないかたもいらっしゃいますし、病気を治すための薬の副作用によって少なくなってしまうかたもいらっしゃいます。
鼻ではなく口で呼吸する癖のあるかたも少ないですし、生まれつき唾液が少ないというかたもいらっしゃるでしょう。
痛い虫歯や虫歯治療をできるだけ少なくするために、せめて唾液を多く出す努力をしませんか。
たとえば、食事の時によく噛むだけでも、唾液は通常より多く出てくれます。
または、唾液が出てくる部分を唾液腺と申しますが、その部分をマッサージするという方法もあります。
唾液が少ないなと自分で感じたときに、飴を舐めたり、ガムを噛むのも良いでしょう。
ただし、砂糖ではなく、キシリトールで甘さがつけられているものにしてください。
食事の回数(間食を含む)が多いかたも、虫歯になりやすいです。
食事のつど、虫歯菌が糖分を餌として酸をだし、歯を溶かすからですね。
もちろん、砂糖がはいった飲み物も同様です。
もうひとつ、これは言わなくてもお分かりでしょうが、歯磨きが雑なかたは虫歯になりやすいです。
虫歯や虫歯治療で痛い思いをするのが嫌であれば、少しずつでもこれらを改善してゆきましょう。

入れ歯種類料金

入れ歯 金額