何故、虫歯が出来るのか

虫歯治療がイヤで、痛みが我慢できなくなるまで歯医者さんへ行かないかたも、小さな虫歯を発見するとすぐにでも歯医者さんへ行くかたも両方いらっしゃいますが、そもそもどうして虫歯になってしまうのでしょうか。
これまでにも、なぜ虫歯になるのかということを、色々聞いたり読んだりしてきたとは思いますが、しっかりとわかっていますか。
たとえば、「甘いものをよく食べるから」とか「ちゃんと歯を磨かないから」などということを虫歯の原因だと思っていませんか。
たしかに、それらは虫歯の原因となりますが、それでは、何故、甘いものをよく食べると虫歯になるのか、何故、ちゃんと歯を磨かないと虫歯になるのか、そのへんはおわかりですか。
ちょうど良い機会ですので、この際、しっかりと覚えてしまいましょう。
ズバリ言うならば、虫歯の原因はお口の中にいる「虫歯菌が歯を溶かすから」ですね。
虫歯菌は、食べ物の糖分を餌にして酸を出し、歯を溶かしてゆきます。
そのため、甘いものをたくさん食べると虫歯になりやすいと言われるのですね。
通常は歯の表面が溶けても、唾液によって中和され、再石灰化されて虫歯にならずに元に戻ります。
健康的な口内ではそのようにバランスが取れているのですね。
ですが、糖分をたくさん摂り続けたり、唾液が出にくくなったり、そのような何かしらの原因によって口内のバランスが崩れますと、歯の再石灰化が追いつかずに、徐々に溶けていって虫歯になってしまいます。
肉眼で虫歯だとわかるころには、もう歯医者さんで虫歯治療をしないといけない状態になっていることでしょう。
痛いと思ったときには、もう虫歯治療自体も痛みが伴う場合が多いです。
もちろん麻酔をしますので、実際の治療中には痛みはありませんよ。
虫歯菌は何種類もいますが、主なものは「ミュータンス菌」と言います。
お聞きになったことがあるのではないかと思いますが、このミュータンス菌をはじめとした虫歯菌の数が多いかたと少ないかたがいらっしゃいます。
生まれたときには、いないのですが、通常は親が子供に食事をさせる時に、スプーンなどを一緒に使ってしまうことなどから感染すると言われています。
自分は虫歯菌が多いのか少ないのかを歯医者さんで調べることができます。
検査は少しも痛いものではありませんので、お口のケアをきちんとしているにもかかわらず、虫歯になりやすいと感じるかたは、一度検査してみると良いですよ。
虫歯で痛い思いをするのが嫌ならば、まず根本的な原因をつきとめることも大事です。

入れ歯種類料金

入れ歯 金額