何を詰めるか被せるかを選択する

歯が痛いと思って歯医者さんへ行き、虫歯治療をしますとほとんどの場合、虫歯を削った部分に詰めものが入ることになります。
虫歯が大きければ、被せものをすることになるでしょう。
その際、あなたはどのような詰め物をしていますか。
患者さんのほうから、なにもリクエストがない場合、さらに、その虫歯治療した部分が前歯の目立つところでない場合には、一般的な銀の詰めものをする歯医者さんが多いです。
しかし、最近は口元の美しさにも気を遣うかたが増えてまいりましたので、患者さんのほうから、白い詰めものをしてくれるようにリクエストをしたり、歯医者さんのほうから、どのような詰め物をするか尋ねてきたりするケースも増えてまいりました。
普通は、奥歯は目立たないので安価な銀の詰めものや被せものにし、前歯は目立つので白い詰め物や被せものにするかたが多いです。
とてもシンプルな考え方で選択していますが、最近はさまざまな詰めものや被せものが開発されていますので、メリットやデメリットを考えつつ、選ぶようにしてみてはいかがでしょう。
たとえば安全性。
近年は、なにかしらのアレルギーを持っているかたが非常に増えましたよね。
金属アレルギーをお持ちのかたは、歯の詰めものや被せものにも金属を使用することができません。
たまに、歯に詰めた金属がきっかけで金属アレルギーが発症するかたもいらっしゃいます。
そのようなリスクを避けるために、銀の詰めものや被せものを使わないという選択があります。
また、硬い食べ物も噛まないといけませんから耐久性は重要ですね。
とくに奥歯は、食べ物をすりつぶすための歯ですから、すぐに壊れてしまっては役に立ちません。
強度のある詰めものや被せものを選択しましょう。
前歯や、笑った時に見える歯に関しましては、美しさ第一と考える方が多いでしょう。
今では、前歯に銀や金を被せているかたを見かけることがほとんどなくなりました。
ただ、白い詰めものや被せものをしていても、その部分がひどく黄ばんだり茶色に変色しているかたを時々見かけます。
変色したのが気になって交換しますと、また痛い思いをすることになります。
何度も痛い思いをしたくないのであれば、経済的に大きな負担とはなりますが、最初からセラミックを選択しておくのがおすすめです。

入れ歯種類料金

入れ歯 金額