詰めものと被せものの種類

あなたも、これまでの人生の中で何度か歯医者さんにかかり、虫歯治療で痛い思いをしたことがあると思います。
その際には、削った虫歯に銀の詰めものか、もしくは白い詰めものをしたのではないでしょうか。
ほとんどのかたは、保険適用であります銀の詰めものをします。
保険適用ということは、虫歯治療をするのに患者さんの経済的負担が少ないということです。
痛い虫歯治療のあとで、虫歯になった部分に銀色の醜い詰めものがされているのを見て、ガッカリしたことはありませんか。
一昔前までは、保険適用の詰めものというと銀色のものがごく一般的でした。
現在は、レジン(プラスティック)の白い詰め物も一般的になりつつありますが、白いとはいえ、保険適用のレジンは変色しやすいのが難点です。
最初は白くて良いのですが、徐々に色がついてきますので、前歯の虫歯治療にはちょっと不向きだと思われます。
かといって、奥歯などに用いるには強度が弱いと言われています。
歯科医と相談して、虫歯の場所を考えながら選ぶと良いでしょう。
保険が適用される詰めものは、現在のところではこの2種類です。
保険適用外ですと、昔からあります金の詰め物があります。
金ですから、非常に高価ではありますが、色が目立ちますので前歯には不向きでしょう。
また、金は価格変動が激しい金属ですから、ちょうど虫歯治療した時に値上がっていて、ただでさえ高価ですのに、輪をかけて高価になっている可能性もあります。
運が良ければ、値下がりしていてやや安価になっている場合もあるでしょう。
通常、保険適用外で目立つ部分の虫歯治療に用いるのは白いセラミックの詰めものや被せものです。
ご自身の歯と、ほとんど見分けがつかないくらい美しいのが特徴です。
本来の歯との密着性も高いので、一度治療した歯が再び虫歯になるという二次虫歯になりにくいと言われています。
もちろん、しっかりとしたケアをしなければ、どのような詰めものをしても、虫歯にはなりますのでご注意ください。
セラミックとプラスティックから作られた詰めものをハイブリットセラミックと呼びますが、こちらはセラミックだけで作られたものよりも、少々、安価になっています。
プラスティックが含まれている分、多少の変色と、すり減りやすさはあります。
後ほど選ぶための基準をご紹介しますので参考になさってください。

入れ歯種類料金

入れ歯 金額