歯の大切さ

虫歯の痛みは、本当に耐え難い痛みですよね。
他のことが、何も手につかなくなってしまうくらい痛いです。
そうなるまで歯医者さんへ行かないというのもある意味すごいことですが、それほど歯医者さんへ行きたくないのであれば、やはり虫歯治療をするより、念入りな予防を心がけたほうが良いでしょう。
歯が痛いのを我慢できるのはすごいことですが、現実問題、痛みが強いということは、すでに虫歯が進行していて歯に大きな穴ができている可能性が高いです。
そうすれば、大きな詰め物をいれたり、削る部分が大きすぎて被せものをすることになってしまうかもしれません。
痛いのを我慢して我慢して、とうとう耐えられなくなってやっと歯医者さんへいき、進行してしまった虫歯を治療するという繰り返しでは、歯医者さんへ行くたびに、大きな詰めものや被せものをすることになってしまいます。
それでは、総入れ歯になってしまうのは、平均的な年齢よりも早くなってしまうかもしれませんよ。
1989年から、80歳で20本以上は自分の歯を残そうというという「8020運動」がスタートしていますが、ご存じでしたか。
ご自身の歯が20本あれは、食生活に満足できるということから、年取っても、生涯、自分の歯で食生活を楽しめるようにという願いが込められた運動なのです。
総入れ歯は、なかなか口に合わなかったり、慣れなかったり、手入れが面倒だったりで不自由なことが多いです。
かといって、20本近くの歯をインプラントにするには、数百万円ものお金がかかってしまいます。
1本でも多く、ご自身の歯を残すように、さっそく今日から頑張りましょう。
虫歯の痛みや、虫歯治療の痛みが大嫌いなのは、決してあなただけではありません。
むしろ、数多くのかたが歯医者さん嫌いで、虫歯に気づいてもすぐに歯医者さんへ行こうとしません。
ですが、ご自分の歯以上に良い歯はないのだということを、しっかりと肝に銘じてください。
年を取って、だんだん体力がなくなってきますと、楽しみだと思えることが少しずつ減ってゆきます。
若い頃とはまったく違うのです。
そのような日々の中で、食事は大きな楽しみのひとつとなってゆきます。
ですが、歯が不自由なために、美味しく食べられなかったらどうでしょう。
そこまで想像するのは今は困難かもしれませんが、あなたも必ず高齢者になります。
どうぞ、歯の大切さを今一度、よく考えてみてください。

あなたには現在、虫歯がありますか。もしも、あなたが歯医者嫌いだとすれば、虫歯がある可能性は高いことでしょう。一般的に、歯医者が大好きだというかたはいらっしゃいません。もしかすると、少数いらっしゃるのかもしれませんが、現実問題として、今までそのようなかたにお会いしたことはありません。あなたの周りにはそのようなかたがいらっしゃいますか。ほぼ全員のかたが、歯医者を嫌いだとおっしゃいます。それもただ嫌いと...

あなたもこれまでの人生のなかで、何度か歯医者さんに行ったことがあると思いますが、虫歯治療のために「麻酔」をされたことがありますか。通常、歯を抜いたり、少し大きくなった虫歯を治療するときには、必ず麻酔を使用します。そうでなければ、痛みが強すぎるからです。麻酔をしていても、たまに治療中、痛むことがありますよね。麻酔をしているためになんとか我慢できるものの、していなければとても我慢などできないくらいの痛...

虫歯には段階があります。わざわざ、このように言わなくても、まだ痛みもない小さな虫歯から、歯が欠けたり穴が開いたりして、とても痛い思いをするくらい大きくなった虫歯もありますよね。どなたであっても、最初は小さな虫歯から徐々に大きな虫歯になってゆきます。歯医者さんのほうでも、虫歯を段階ごとに分けて、それに見合った虫歯治療をしてゆきます。歯医者さんでは、虫歯の段階を「C0」~「C4」と分けています。「C0...

虫歯の進行具合によっては、治療したあとまでしばらく痛みが残る場合もあります。その時になって、もっと早く歯医者に行けば良かったと思うことはありませんか。その時にはそのように思っていても、時が流れて、また虫歯に気付いた時には、すぐに歯医者に行かないかたが大半です。耐えられないくらいの激痛になってやっと歯医者に行く頃には、虫歯はかなり進行していて、歯医者さんのほうでも虫歯治療はしてくれるものの、もう歯を...

歯が痛い場合、もしくは冷たいものや熱いものがしみる場合、通常は虫歯だと思いますよね。2~3日は我慢して様子をみるかたもいらっしゃるでしょうが、結局のところ痛みで不快なため、虫歯治療をしてもらうため歯医者さんへ行くことになるでしょう。ですが、歯医者さんで検査をしてみますと虫歯ではない場合も多々あります。たとえば、あなたもお聞きになったことがあるでしょう。「知覚過敏」という症状もそのひとつです。虫歯で...

あなたも、これまでの人生の中で何度か歯医者さんにかかり、虫歯治療で痛い思いをしたことがあると思います。その際には、削った虫歯に銀の詰めものか、もしくは白い詰めものをしたのではないでしょうか。ほとんどのかたは、保険適用であります銀の詰めものをします。保険適用ということは、虫歯治療をするのに患者さんの経済的負担が少ないということです。痛い虫歯治療のあとで、虫歯になった部分に銀色の醜い詰めものがされてい...

歯が痛いと思って歯医者さんへ行き、虫歯治療をしますとほとんどの場合、虫歯を削った部分に詰めものが入ることになります。虫歯が大きければ、被せものをすることになるでしょう。その際、あなたはどのような詰め物をしていますか。患者さんのほうから、なにもリクエストがない場合、さらに、その虫歯治療した部分が前歯の目立つところでない場合には、一般的な銀の詰めものをする歯医者さんが多いです。しかし、最近は口元の美し...

歯の痛みがもう我慢のできる限界近くなってから、やっと歯医者さんへ行くというかたが、まだまだ多いのが現状です。虫歯治療をするのが痛いからといって、歯の痛みを我慢するのは、ちょっと違うのではないかと思いませんか。虫歯が痛いのを我慢できるくらいでしたら、治療の痛みも我慢できるはずですのに、どうして耐え難い痛みになるまで放っておくのでしょうか。虫歯をできるだけ痛みを感じずに治療するためには、とにかく早期治...

虫歯治療がイヤで、痛みが我慢できなくなるまで歯医者さんへ行かないかたも、小さな虫歯を発見するとすぐにでも歯医者さんへ行くかたも両方いらっしゃいますが、そもそもどうして虫歯になってしまうのでしょうか。これまでにも、なぜ虫歯になるのかということを、色々聞いたり読んだりしてきたとは思いますが、しっかりとわかっていますか。たとえば、「甘いものをよく食べるから」とか「ちゃんと歯を磨かないから」などということ...

虫歯は虫歯菌がお口の中にいなければならないものですが、ほとんどのかたは虫歯菌を持っています。そのため、歯磨きをきちんとしたつもりでいても、虫歯になってしまうのですね。一生懸命にケアしている割には虫歯になりやすいと思うかたは、ミュータンス菌などの数が多いという原因のほかにも、もともとの歯の質が弱いということも考えられます。歯の質が弱いということは、ミュータンス菌が出す酸によって、歯が通常よりも溶けや...

虫歯も、虫歯治療も進行すればするほど痛いですから、早期治療も良いですが、一番良いのは虫歯にならないことですよね。現在のあなたは、1日に何度、どのような時に歯磨きをしていますか。また、1回の歯磨き時間は何分程度でしょうか。歯磨きのほかには、どのような虫歯対策をしていますか。良いと言われる歯磨きの回数やタイミング、そして、一回の歯磨き時間につきましては、さまざまな説があります。そのさまざまな説の中で、...

我が国の虫歯治療などを含めた口内ケアは、他の先進国に比べるとかなり遅れていると言われています。多くの国々では、歯科の場合、予防に力を入れていますが、我が国では、歯が痛いと感じてからやっと歯医者さんへ行くかたが多いのが現状です。患者さん側の意識の問題もありますね。ですが、歯医者さんのほうは、徐々に予防に力を入れているところが増えつつあります。そのような歯医者さんを選ぶようにすると良いと思います。そし...

入れ歯種類料金

入れ歯 金額