歯がなくなった時、どんな治療法があるの?

歯を失った時、そのままの状態で放っておくわけにはいきませんよね。
ではどのような治療法があるのでしょうか。

 

大きく分けますと、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つでしょう。
他にもありますが、一般的にはこの3つだと思います。

 

入れ歯(義歯)は総入れ歯と部分入れ歯があります。
一般的な治療法で、保険も適用になりますから費用は安くすみます。
ですが、取り外し可能なものなので、固いものをかむのが大変になったりします。
又、入れ歯が合わないと、話しにくくなることもあります。
部分入れ歯の場合は、バネが見えたりしますから、見た目は良くないかもしれません。

 

ブリッジは、両隣りの歯を削り、人口の歯をかぶせるという方法です。
ブリッジを固定するために健康な歯を削らなくてはなりませんが、部分入れ歯とは違って、固定されるので、違和感なく食べることができます。
かぶせ物を銀歯とかにする場合、保険適用になりますが、今時口から銀歯が見える人ってあまりいませんよね。
そうすると、保険は効かないのですが、セラミックなどのかぶせ物にすればきれいに仕上がります。

 

インプラントは失ってしまった自分の歯の替わりに、人口の歯根を顎の骨に埋め込んで人工的に歯を再生させるものです。
自分の歯のような感じになり、食べる時の違和感も全くありませんが、費用が結構かかりますので、それが難点かもしれません。
費用は気にしないからという方なら、インプラントはいいかもしれませんよ。

入れ歯種類料金

入れ歯 金額