乳歯の虫歯治療

お母さんがある日突然、乳歯の虫歯を発見した時はショックですよね。
ちゃんと磨かせていたのに、甘いおやつも控えていたのに、どうして・・・、と思ってしまいます。
ですが、表面には見えていなかっただけで、乳歯の虫歯は着実に進行していたのです、それがある日突然穴が開いて気づくので、まるで本当に突然虫歯になった感じがするだけなのです。
幼児は痛みを大人のように感じる事が出来ないので、発見が遅れてしまいます。

 

では、乳歯の虫歯はどのように治療するのでしょうか。

 

初期の虫歯であれば、歯を削らずにフッ素を塗って、歯を強くする治療法になります。
おやつの与え方や歯磨きの方法も変える必要があるかもしれませんが、定期的にフッ素を塗り続けて、歯を強くし治して行きます。

 

小さい虫歯の場合は、虫歯部分を削ってからプラスチックの詰め物をします。
乳歯の場合は、歯がもろいので詰め物が取れやすいですから、気を付けて観察する必要があります。

 

だいぶ進んでしまった虫歯は神経にまで達してしまう事があります。
そういう場合は、神経を抜いたり切断しなければならなくなります。
神経を抜いた乳歯はあとで永久歯が生えてくる時にじゃまをしてしまう事があるので、出来るだけ、虫歯を進行させないことが大切です。

 

乳歯を虫歯から守るにはやはり歯磨きが重要です。
こまめに丁寧に磨いてあげますが、特に寝る前には入念にしっかり磨いてあげる必要があります。
フッ素入りのハミガキがいいでしょう。

 

虫歯は虫歯菌による感染症ですから、ご家族皆の口の中もいつもクリーンにしておきましょう。

入れ歯種類料金

入れ歯 金額