妊婦さんでも歯の治療は大丈夫?

妊娠している方が、歯が痛くても歯医者さんへ行くことを躊躇してしまうことがよくありますね。
レントゲンを撮るし・・とか、色々考えて、胎児に影響を及ぼすのではないかと思ってしまうのですよね。
でも、むしろ虫歯をほっておく方がよくありません。
虫歯はどんどん進行しますので、出産時に歯痛が起きたら、それこそ大変です。

 

妊娠中でも一般の人と同じ治療ができます。
レントゲンも撮りますが、実際撮る場所は顔ですし、しかもしっかり防護カバーを付けてレントゲンを撮りますから、胎児への影響はありません。

 

歯を削って詰め物をするような治療も大丈夫です。
又、虫歯がかなり進行していて、治療の時に神経まで抜かなければならない時もありますが、そういった治療も受けることが出来ます。
麻酔をかけての治療になりますが、胎児への影響はないと考えてよいようです。

 

抜歯しなければならない場合もありますが、それも大丈夫です。
ただし、親知らずの抜歯はやめといたほうが良いでしょう。
なぜなら、親知らずを抜いた場合、抜いた後がなかなか治らなかったり、またそのため抗生物質をしばらく飲んだりするからです。

 

妊婦さんでも歯科治療はできるとはいえ、出来るならば、妊娠の安定期(5~7ヶ月)にするのが一番よいようです。
そして、治療をする前に歯医者さんには、自分が妊娠していて、何か月目であるかという事を話しておいたほうがいいでしょう。
そうすれば、それなりに配慮してくれますから安心ですよ。

入れ歯種類料金

入れ歯 金額