歯科用マイクロスコープを使う最新治療

マイクロスコープとは、眼科や脳神経外科などで、精密な手術が必要な時に使われている顕微鏡です。
それの歯の治療用のものが歯科マイクロスコープなのです。
つまりは顕微鏡ですから、肉眼ではどうしても見えない虫歯の部分等が、細かい所まで見ることが出来ます。
ですから今までは、見えない部分を勘だけで治療していましたが、はっきりと正確に治療することができるのです。

 

マイクロスコープを使って歯を削る場合、削ってよい部分、削ってはいけない部分をはっきり見ることが出来ますので、余分に歯を削ることなしに治療が出来ます。
歯というのは、削らなければ削らないほど良いのですから、歯の寿命も延びることになります。

 

マイクロスコープを使って歯茎などの外科的な治療をする場合、傷口は最小限に留められますし、糸も髪の毛より細いものを使って縫合しますから、痛みも少ないですし、治りも早くなります。

 

歯を削ってかぶせ物をする時でも、マイクロスコープを使うと、きっちり精密に見ながらかぶせたり、接着できますので、再度虫歯になる率も低く出来ます。

 

マイクロスコープにはカメラやビデオがついている事が多いので、治療前の状態や治療後歯がどのような状態になったのか、写真ですぐに確認できますから、医師にとっても、患者さんにとっても助かります。
患者さんも写真を見ながら色々質問しやすくなりますね。

 

ただ、マイクロスコープを使う治療は、保険がきかない事が多いようです。
その点は歯科医師に診療前に聞かれると良いでしょう。

入れ歯種類料金

入れ歯 金額