歯と歯の間の虫歯、削らない治療(アイコン治療)

虫歯はいつもいつも歯のど真ん中に出来るわけではありません。
歯と歯と間に出来る虫歯も、もちろんあります。
そういう場合、どうしても歯を削る必要があります。
本来なら削る必要のない隣り合っている健康な歯まで削ることになりますから、当然大きく削ることになるのです。
歯を削ると、歯はどんどん弱くなって行き、歯の寿命も短くなってしまいます。
ですから、歯というのは極力削らない方が良いのです。

 

それで、歯と歯の間に出来た虫歯を削らないで治す、アイコン治療という方法があります。
ただし、大きく穴があいてしまったような虫歯や穴はあいてないものの、虫歯が象牙質にまで進んでいる虫歯はこの方法は使えません。
でも小さい虫歯なら、ほとんど削ることなしに治療できます。
あのドリルのキーンという嫌な音を聞かずに治療出来るのですから、助かりますよね。

 

まず歯と歯の間を特殊な器具を使って、少しだけ隙間を作ります。
そこへ薬剤を塗り、その後液状のプラスチック樹脂をエナメル質に浸透させ、乾燥させたら治療は終わります。
痛みはほとんどありませんから安心です。

 

このアイコン治療は、歯のエナメル質を強くしますから虫歯の再発を防ぐことができます。
削って、詰め物をした場合は、又同じところが虫歯になってしまうことがよくあります。
そうすると又削って、詰め物をしてということになり、歯は弱くなる一方ですが、このアイコン治療は、そういうことが一切ありません。

 

歯と歯の間に虫歯が出来てしまったら、このアイコン治療ができないか、歯医者さんに聞いてみるのもいいですね。

入れ歯種類料金

入れ歯 金額