入れ歯治療の必要性

永久歯を抜歯することになってしまったのであれば、
入れ歯治療を検討することになるでしょう。

 

永久歯を抜歯した後もそのままの状態で放置していると、
歯茎の病気やその他の歯にも悪影響を与え、危険だと歯医者さんは言います。

 

入れ歯治療をするには心の準備・覚悟も必要ですが
抜歯した後の治療がどれだけ大事になるか、どんなに大切なことなのかを知れば、
入れ歯治療の重要性を分かった上で治療に踏み切れるようになるのではないかと思います。

 

抜歯した後もあまり不便を感じることなく食事ができていれば、あまり治療に行く気にもなれないと思います。
残っている健康な歯でお肉も噛めておせんべいも食べられて・・・
食事にはさほど困らないので治療に行かない、という方も少なくないと思います。

 

ですが、抜歯して空間が空いてしまうと、周囲の歯が隙間に傾いてしまいます。
上の歯でも下の歯でも、噛み合わせの歯がなくなったことでどんどん伸びてくるということもあり、
その部分の歯並びだけでなく全体の歯並びが崩れてしまいます。

 

 

抜歯したまま放置しておくと、健康で正常な歯にも日々負担をかけ続けることになり、
やがては歯全体の健康も害する結果になりますよ。
たった1本の抜けた部分をそのままにして治療しなかったせいで、
将来総入れ歯になってしまった・・・という事例も幾つもあるんですよ。
たった1本、されど1本です。

 

このような事実を知っておくと、入れ歯治療の大切がお分かり頂けると思います。
入れ歯治療には誰しもが抵抗感があるものですが、
一生美味しく楽しく食事をしたいと思うのであれば、
早期治療を大事にしましょうね。

入れ歯治療と違和感

入れ歯は人工物です。人工物である歯を口の中に付けるのは抵抗があるでしょうし、
入れ歯に違和感を感じるのも仕方ありません。
それは入れ歯治療をする誰もが感じるものです。

 

自分の物ではない人工歯が口中に入っている状態は、
初めの慣れない時期は異物感も大きいでしょうし気になって仕方ありません。

 

人工歯の異物感は感じ方に個人差もありますが、
多くの方が慣れるまでに苦労するのではないかと思います。

 

 

入れ歯治療以外で例えると、コンタクトレンズがありますね。
特にハードのコンタクトレンズは、違和感も大きく目に入れた時の痛みは仕方ありませんが、
ハードのコンタクトレンズも使い続けていれば慣れてくるものですよね。

 

慣れないうちは、誰しもがコンタクトレンズを入れた時に痛みで涙が出てくるでしょうが、
そのうちに慣れて痛みも感じなくなり、平気になりますよ。

 

コンタクトレンズに慣れるように、入れ歯も慣れてくれば、
無くてはならない自分の体の一部のように使えるようになるので不思議なものです。

 

その証拠に、高齢者の方長年で入れ歯を使っている方は、
もう入れ歯がないと食事が不便でだと感じる方がほとんどでしょう。

 

そう思えるほどに慣れてしまえば、もう自分の体のの一部と言っても過言ではありません。
初めのうちは違和感ばかりの入れ歯も、慣れてしまえば「無いと困る体の一部」となります。

 

 

また、入れ歯治療を行った際の問題の1つとして、発音の問題があげられます。
人間は小さな子どもの頃から言葉を話すを覚え、言葉を自然と身につけて活用してきたので、
普段は発音をあまり意識することはないでしょうが、入れ歯治療を行なうと、
口内環境が変わって発音しづらくなるという場合もありますよ。

 

言葉を発する時は、口の奥から外へと空気が流れ、私たちはその空気の流れを舌や、
唇の形を変えつつ調整して発音します。